【筆まめクラウド住所録】「筆まめ名刺管理」と「筆まめクラウド住所録」の顧客情報共有

「筆まめクラウド住所録」を利用すると、各部署・各人で保有している顧客情報の共有が可能です。
更に、「筆まめ名刺管理」と連携すれば、外出の多い営業社員や各種案内状を送付するような管理部門など、複数の社員・部署間で隔たりなく時間と場所を選ばず顧客情報を利用することができます。家族間での共有にも役立ちます。
そこで、「筆まめ名刺管理」と「筆まめクラウド住所録」で顧客情報を共有する手順をご説明します。

ご利用にあたり

操作手順

順1~2はスマートフォン・タブレットで、手順3はパソコンでの操作となります。以下の操作は、共有し合いたい全てのユーザごとに行います。

  1. 「筆まめ名刺管理」をスマートフォン・タブレットにインストールします。
    Android版はこちら
    iOS版はこちら
  2. 「筆まめ名刺管理」と「筆まめクラウド住所録」と同期します。
    「筆まめクラウド住所録」と同期する方法はこちら
    ※「【2】住所録データを連携させる」をお読みください。

    <同期イメージ>
    C004-02

  3. ブラウザから「筆まめクラウド住所録」にアクセスし、他のユーザに住所録を共有します。
    1. 「筆まめ名刺管理」と同期した住所録(※)を表示します。
      ※初期設定の名称は「筆まめ名刺管理」です。
    2. ご自身の住所録を他のユーザに共有した際に区別がつくよう、[住所録の設定]で住所録名を氏名などに変更します(推奨)。
      操作手順はこちら
    3. [住所録の共有]で共有設定と権限設定をします。
      操作手順はこちら
      住所録の共有設定と権限別の操作可能範囲について

    <表示イメージ>
    「筆まめクラウド住所録」で住所録の共有を受けていると、その住所録名の後ろに[共有]と表示されます。
    C004-01