「筆まめクラウド顧客管理」のユーザ管理や情報共有の仕方について教えてください。

「筆まめクラウド」の法人向けサービスには、複数ユーザを一括管理する機能があり、管理されたユーザ間でのみ「筆まめクラウド住所録」と「筆まめクラウド顧客管理」の情報を共有することができます。
※「筆まめクラウド顧客管理」は、「Web筆まめ」「筆まめクラウドラベル印刷」「筆まめクラウドカレンダー」をセットでお使いいただけるソリューションパッケージです。

複数ユーザの一括管理機能
情報の共有
法人または個人事業主で、ユーザ区分を「個人」にされているお客様

複数ユーザの一括管理機能

  • 「筆まめクラウド」に登録する法人または個人事業主の従業員で、この登録法人等において本サービスの利用を管理する責任者を「アカウント管理者」といい、アカウント管理者は複数のアカウント副管理者および社内ユーザ(以下、「社内ユーザ等」といいます)を管理することができます。
  • アカウント管理者の登録メールアドレスが「筆まめクラウド」に登録する法人のオーナIDとなり、社内ユーザ等はそのオーナIDに紐付くユーザとして登録・管理されます。

    <法人ユーザの考え方>
    B003-01

情報の共有

  • 法人向けサービスでは、「筆まめクラウド住所録」や「筆まめクラウド顧客管理」、「筆まめクラウドカレンダー」の登録情報を社内ユーザ等と共有することができます。
  • オーナIDおよびそれに紐付くユーザ内でのみの共有となるため、異なるオーナID間の共有は行えず、情報の外部流出を防ぐことが可能です。
    また、同じメールアドレスで複数のオーナIDにユーザ登録(所属)することもできません。

    <情報共有の考え方>
    B003-02

法人または個人事業主で、ユーザ区分を「個人」にされているお客様

次の手順で「法人」へ変更し、引き続き法人向けサービスをご利用いただくことが可能です。
下記ページの案内をお読みになり、切り替えを行ってください。
ユーザ区分の切り替え案内はこちら